情報科学教室 平成24年度 卒業研究発表会プログラム(案)

  • 日時:2013年2月15日(金) 10:25-16:05
        1名15分 = 発表12分+質疑応答3分(研究室毎で変更あり)
  • 会場:高知大学 理学部 情報科学棟 1階 共通講義室4 (地図の12)
  • どなたでも聴講できます

午 前 の 部

開 会 挨 拶 (10:25-10:30)
村岡研究室 (10:30-11:15)
竹内 勇矢 「並列化アルゴリズムによる論理シミュレーションの高速化手法の提案」
橋口 拓哉 「GP-GPU を用いた並列論理シミュレーションアルゴリズムの検討」
松本 夏樹 「論理シミュレーションアルゴリズムのハードウェア化の検討」
豊永研究室 (11:15-12:00)
那須 升亮 「GPGPU におけるファンアウトコーンに基づく並列論理シミュレーション法の研究」
謝 壮栄 「GPGPU による SA 配置改善の並列化の研究」
岡村 歩 「物理設計予測に向けた多端子を扱う超高速配線法の研究」

午 後 の 部

中込研究室 (13:15-13:30)
岡林 有祐 「粒子法による流体運動の 3D 表示システムの構成」
森研究室 (13:30-14:30)
任 爽 「Kinect を用いた手話トレーニングマシンの開発 - 手話の選定について -」
福島 勇 「Kinect を用いた手話トレーニングマシンの開発 - 手話入力デバイスの製作について -」
林田 翔吾 「Kinect を用いた手話トレーニングマシンの開発 - 内部処理について -」
古藤 恵一郎 「Kinect を用いた手話トレーニングマシンの開発 - OpenCV を用いた手話動作入力について -」
休 憩 (14:30-14:45)
岡本研究室 (14:45-15:30)
小竹守 悠太 ・ 清家 佑記
「プレゼンテーション・リハーサルにおける誤り事例にもとづく学習者診断」
谷川 晃大 「プレゼンテーションの差分とレビュー結果との関連性に着目した改善評価方法」
三好研究室 (15:30-16:00)
水永 大登 「結合型ソーシャルキャピタルを取り入れた習慣化支援 SNS の開発」
藤岡 裕也 「音声・動画メッセージ通知機能の習慣化支援 SNS への実装」
本田研究室 (16:00-16:15)
津久井 晴信 「強化学習によるロボットの行動獲得 - 環境変化への適応に向けて -」
講 評 (16:15-16:20)

戻る