高知大学 理学部 情報科学コース
平成21年度 卒業研究中間報告会(Bグループ) プログラム

会場:高知大学 理学部 情報科学棟 1階 共通講義室4 (地図
日時:2009年11月25日(水) 13:05-16:55
  
発 表 者 発 表 題 目
開会の辞(13:05-13:10)
塩田研究室(13:10-13:50) 「複数多項式二次ふるい法における最適なパラメータの解析」
木下 泰彰 「暗号理論における位置付け」
大西 佑輝 「複数多項式二次ふるい法の概略」
西岡 努 「最適なパラメータとは」
玉本 義典 「研究の進捗状況とこれからの作業計画」
休憩(13:50-14:00)
藤沢研究室(14:00-14:30) 「グラフの alliance に関する研究」
篠原 綾 「木の strong offensive alliance に関する証明の訂正」
田中 敦士 「δ(G)≧2 のグラフ G のstrong offensive alliance における|V_3(G)|の利用」
江藤 量平 「次数が偶数の頂点の数を用いたFavaron達の定理の改善」
中込研究室(14:30-14:50)
小畠 拓也 「Javaを使った回避アルゴリズムの研究」
園田 雄介 「Javaを使った追跡アルゴリズムの研究」
休憩(14:50-15:00)
菊地研究室(15:00-15:50)
村居 祐宜 「暗号メールの現状と課題」
善家 梨奈 「Spam(迷惑メール)の傾向と対策について」
小野 裕明 「地上気象観測データのDB化と衛星画像検索への利用」
梶原 裕一 「Xgridを用いた長時間アニメーションの制作」
鳥谷 英理子 「動的生成されるWebページの脆弱性に関する研究」
休憩(15:50-16:00)
岡本研究室(16:00-16:30)
白山 裕美子 「教育・学習支援システムにおけるユーザ操作履歴の活用方法の検討」
杉原 雄太 「研究の進捗状況に着目した知識継承支援に関する研究」
徳永 勝也 「アプリケーション間通信に着目した市販ソフトウエアの教育的利用」
本田研究室(16:30-16:50)
上田 英之 「植生指標の時空間変動マイニングに向けてーXgridによる高速化ー」
國廣 賢史 「かぐや(SELENE)ハイビジョン映像データベース参照システムの構築」
閉会の辞(16:50-16:55)

戻る