UNIXでのレポート作成

% mkdir TeX
% cd TeX

グラフィック処理


GIMPによる描画

画像の表示、簡単な処理はGIMPで行う事ができます。

ドックにあるこんな”オオカミの子供”の絵のアイコンをダブルクリックして起動してください。

これについては画像処理論で詳しく述べますが、TeXに取り込むには出力形式をepsかpsにすることが一般的です。



GUPLOTによるグラフ処理

GNUPLOTはコマンド入力形式のグラフ作成ツールです。ファイルの数値データや数式を読み込ん で、2次元や3次元の様々なグラフを表示することができます。作成したグラフは様々な形式で出力でき、色々なソフトウェアに取り込むことができます。前回 紹介したTeXの文書に取り込むこともできます。

起動

GNUPLOTを起動するにはコマンドツールでi以下のように入力します。

ceres{honda}30: gnuplot
GNUPLOT
 Unix version 3.5 (pre 3.6)
 ......
Terminal type set to 'aqua'
gnuplot> set terminal  x11

"gnuplot>"というプロンプトが表示されて、gunplotのコマンド入力の待機状態になります。
2次元グラフの表示には plotコマンドを用います。主な使用法は次のとおりです。

plot  "データファイル名 "
plot  数式

たとえば y=sin xのグラフを表示するには次のように入力します。

gnuplot>  plot sin(x)

以下のとおりのウィンドウがポップアップ表示されます。

2種類のグラフを同時に出力したい場合は、","で続けて入力すればよい。

例 y=cos x, y=sin x / xの同時プロット
 

gnuplot> !g

終了時には、コマンド quitを入力します。
 

gnuplot> quit

次にファイルに記述されたデータをのプロットを行ないます。テキストエディッタで以下のファイルを作成してください。ここでは、1欄目が各点の座標、2欄目がy座標です。
 

sample.d

0 0
1 1.3
2 2.2
3 2.8
4 3.9

このファイルのデータを指定してプロットを行なうには次のようにします。
 

gnuplot
gnuplot> plot 'sample.d' with lines

with 以下で指定されているのは、プロットのスタイルですが、他にも、points, linespoints, dots, impulses,boxes等様々なものがあります。試してみましょう。

3次元のグラフ表示は splotコマンドを用いることができます。
たとえば、z= sin x *(1-y^2)を計算するには以下のように入力すればよいです。
 

gnuplot>  splot sin(x)*(1-y*y)

このほかsetコマンドを用いるとさまざまな細かい指定ができます。
以下の例を実行してみてください。
ただし/* */で囲まれているのはコメントですので入力しないでください。
 

gnuplot> splot sin(x)*(1-y*y)                        /* z= sin x ・(1-y^2)を3次元プロットする */
gnuplot> set contour                                     /* 等高線を表示する */
gnuplot> set xlabel 'x'                                            /*  x軸を"x"でラベル付けする */
gnuplot> set ylabel 'y'                                            /*  y軸を"y"でラベル付けする */
gnuplot> set zlabel 'z'                                           /*  z軸を"z"でラベル付けする */
gnuplot> replot                                                               /*  再描画する */
gnuplot> set terminal postscript eps color   /* 出力先をポストスクリプトファイルに変更する*/
gnuplot> set output 'splot.eps'                                /* 出力ファイル名を設定する */
gnuplot> replot                                                              /* 再描画する */
gnuplot> set terminal x11                                                              /* 出力先を画面に戻す */
gnuplot> quit                                                                      /*  終了 */

補足

#コマンドを一括してファイルに保存すると、そのファイル名を指定することで一括処理をすることができます。
#使用法は ”gnuplot ファイル名”です。。
#このときには plot または splotは一番後ろにおいて、最後に pause -1という1行を入れます。

 

TeX による文書整形

                            ソースファイルの作成               textedit sample.tex
                                      ↓
                                コンパイル
            (dviファイルの作成)                 platex sample
                                      ↓
                                                                         (エラーがなければsample.dviというファイルができる)
                     dviファイルからポストスクリプト
                             ファイルへの変換                        dvips sample
                                      ↓                                           (エラーがなければsample.psというファイルができる)

                                プレビュー                              ghostview sample.ps
                                       ↓
                                
                                   印刷                            lp -o nobanner sample.ps (本システムでは非対応)




TeX のソースファイルの作成

表示エラーでバックスラッシュが¥に成っている箇所がありますが、その場合は、バックスラッシュに置き換えてください

\documentclass[12pt,a4j]{jarticle}
\pagestyle{empty}
\title{私の \TeX 初体験}
\author{情報太郎
  \thanks{高知大学理学部応用理学科情報科学コース1回生}
}
\begin{document}
\maketitle
\section{はじめに}
私は今日はじめて \TeX というものを使いました。
\end{document}



TeX のコンパイル(dvi →pdfファイルへの変換とプレビュー)

メッセージ例
This is pTeX, Version 3.141592-p3.1.11 (utf8.euc) (Web2C 7.5.4)
(./sample.tex
pLaTeX2e <2006/11/10>+0 (based on LaTeX2e <2003/12/01> patch level 0)
(/Applications/UpTeX.app/teTeX/share/texmf/ptex/platex/base/jarticle.cls
Document Class: jarticle 2006/06/27 v1.6 Standard pLaTeX class
(/Applications/UpTeX.app/teTeX/share/texmf/ptex/platex/base/jsize12.clo))
(./sample.aux)
........
Output written on sample.dvi (2 pages, 3164 bytes).
Transcript written on sample.log.
sample.dvi -> sample.pdf
[1][2]
66216 bytes written

少し長い文書の作成

hello.tex

\documentclass[12pt,a4j]{jarticle}
\pagestyle{empty}
\title{私の \TeX 初体験}
\author{情報太郎
  \thanks{高知大学理学部応用理学科情報科学コース1回生}
}
\begin{document}
\maketitle
\section{はじめに}
私は今日はじめて \TeX というものを使いました。

\section{例題}
\subsection{英語}
英語が得意なのはもちろん、

For example, this is an English text.

\subsection{数式}
数式だって書けるというのです。たとえば、

\begin{displaymath}
\int_0^\infty \frac{sin x}{\sqrt{x}}dx
   = \sqrt{\frac{\pi}{2}}
\end{displaymath}

のようにです。

\subsection{書体}
日本語では、明朝体と {\gtfamily ゴシック体} が使えますが、
英語では、{\rmfamily roman}, {\bfseries bold}, {\sffamily sans serif},
{\itshape italic}, {slshape slanted}, {\scshape Small Capital},
{\ttfamily typewriter} などが使えます。

\subsection{文字の大きさ}
文字の大きさも、{\tiny tiny} から、{\normalsize normalsize},
{\Huge Huge} まで変えられます。

\section{まとめ}
\TeX にはもっと沢山の機能があります。本当はじっくりと

\begin{itemize}
\item{日本語\LaTeX2$\varepsilon$ブック: 中野賢著、アスキー出版局(2000円)}
\end{itemize}

などの参考書を片手に勉強した方がよろしいようです。
\end{document}


注)
  1. 名前は自分の本名を書いてください。
  2. 数式を本文の行に入れるときは、$ $ などとします。
  3. 最初に \documentclass[twocolumn].. とすることで 2段組みにすることができます。
  4. この他に 他のプログラムで作られた図や写真の ポストスクリプトファイルを組み込む機能を オプションで入れることもできます

EPSファイルのTeXドキュメントへの取り込み

 \documentclass[12pt,a4j]{jarticle}
\usepackage{graphicx}
\pagestyle{empty}
\title{私の \TeX 初体験}
\author{情報太郎\thanks{高知大学理学部応用理学科情報科学コース1回生}
}
\begin{document}
\maketitle
\section{はじめに}
私は今日はじめて \TeX というものを使いました。

\section{例題}
\subsection{英語}
英語が得意なのはもちろん、

For example, this is an English text.

\subsection{数式}
数式だって書けるというのです。たとえば、

\begin{displaymath}
\int_0^\infty \frac{sin x}{\sqrt{x}}dx
   = \sqrt{\frac{\pi}{2}}
\end{displaymath}

のようにです。

\subsection{書体}
日本語では、明朝体と {\gtfamily ゴシック体} が使えますが、
英語では、{\rmfamily roman}, {\bfseries bold}, {\sffamily sans serif},
{\itshape italic}, {slshape slanted}, {\scshape Small Capital},
{\ttfamily typewriter} などが使えます。

\subsection{文字の大きさ}
文字の大きさも、{\tiny tiny} から、{\normalsize normalsize},
{\Huge Huge} まで変えられます。

\section{まとめ}
\TeX にはもっと沢山の機能があります。本当はじっくりと

\begin{itemize}
\item{日本語\LaTeX2$\varepsilon$ブック: 中野賢著、アスキー出版局(2000円)}
\end{itemize}

などの参考書を片手に勉強した方がよろしいようです。


\begin{figure}[htbp]
\begin{center}
\includegraphics[width=8.0cm]{splot.eps}
\caption{gnuplot出力}
\label{fig:gnu}
\end{center}
\end{figure}


\end{document}


以下は参考問題

課題

1. 上記の例を参考にして z=cos x * sin yの三次元表示とその等高線表示をkadai.epsというポストスクリプトファイルに保存しなさい。なお、ファイルが正常に作成されているか は、"ghostview kadai.eps"で表示して確認してください。

2. この画像を上記の hello.texというファイルに取り込んでhello.pdfを作成し、 その結果を確認しなさい。

 みなさんのディレクトリのファイルをあとで確認します。