Lesson9 シェルを理解する


STEP 1 シェルとは
STEP 2 Bシェル(bashも同様)
2-1 シェル変数
2-2 シェル変数を定義する
2-3 シェル変数はシェルごとに定義される
2-4 環境設定
課題

STEP 1 シェルとは

 

注意:
bashはBシェルとほぼ同じ使用感
ですので、教科書ではSTEP2のBシェルの記述を参考にしてください。”STEP3 Cシェル”につ いて の説明と実習は 省略します。

 なお、STEP2に現れる .profileという環境ファイルは bashの場合は.basrcという名前になっていますので、すべて.profile → .bashrc に読み替えてください


honda@eurus$ ps (現在実行されているプロセス(コマンド)を表示す)
  PID  TT  STAT      TIME COMMAND
 1423  p0  Ss     0:00.04 -bash (最初はbashのみ)
honda@eurus$ sh(Bシェルが始まり次の行からプロンプトが変わります) 
sh-2.05b$ ps
  PID  TT  STAT      TIME COMMAND
 1423  p0  Ss     0:00.05 -bash
 1456  p0  S      0:00.02 sh(Bシェルが動いています)
^Dを入力(Bシェル終了、、)
sh-2.05b$ exit
honda@eurus$ csh (C シェル始まり)
[eurus:‾] honda% ps
  PID  TT  STAT      TIME COMMAND
 1423  p0  Ss     0:00.05 -bash
 1458  p0  S      0:00.03 -sh
^Dを入力(Cシェル終了、、)
[eurus:‾] honda% exit
honda@eurus$ tcsh (tcsh 始まり)
[eurus:‾] honda% ps
  PID  TT  STAT      TIME COMMAND
 1423  p0  Ss     0:00.05 -bash
 1460  p0  S      0:00.03 -csh
^Dを入力tcsh終了、、)
[eurus:‾] honda% exit
honda@eurus$



STEP 2 Bシェル(bashも同様)

2-1 シェル変数

        set
            代表的な変数

2-2 シェル変数を定義する

$ echo $KIGEN
   (空白)
$ KIGEN=good
$ echo $KIGEN
good
$ unset KIGEN
$ echo $KIGEN
   (空白)

2-3 シェル変数はシェルごとに定義される

       export 変数名
$KIGEN=GOOD
$echo $KIGEN
$GOOD
bash
bash$ echo $KIGEN
   (空白。変数が継承されていない)
bash$ exit
$export KIGEN
bash
bash$ echo $KIGEN
GOOD           (変数が継承された)
bash$ exit
$

2-4 環境設定

(教科書内の、この章の.profile は .bashrcに読み替えてください)

       env
 練 習
  • 下記のようにして .bashrcファイルの最後に  cal  と入力してみましょう。
  • 新しいシェル(bash)を起動してみましょう。なにがおこりましたか。
%cat >>  .bashrc  (.bashrcファイルの末尾にcalを追加)
cal              
^Dを入力

%cat .bashrc

%bash
  • 確認したら vi で .bashrcを開いて、 変更を元に戻しておきましょう。

STEP 3

こちらはとばします。各自教科書に目を通しておいてください。