WORDによる文書作成


#Microsoft Office のWORD (ワープロソフト), EXCEL, PowerPointを準備できない人は、かわりに、OpenOfficeをインストールして、使用してください。なお、OpenOfficeの使用方法は各自勉強してもらうものとします。

WORDの起動法


課題3


下記の課題で作成したファイル(kadai3.docx)をEメールに添付して提出してください。
この際、ファイルの容量を調べ、メールの本文には、”(1)のファイルの容量は****MB、(2)のファイルの要領は***MBで合計***MBです。”という記述を含め、全ファイルの容量が2MB以下であることを確認してから、送付してください。

なお、本文はビジネスメールの要領に従って作成してください。(前回、電子メールの頁を参照)。この要領に従っていない場合受領しません。(本文が空白等)

1.この文書をWORDで再現してください。以下のヒントを参考にし、提出日と学籍番号は適当なものに訂正してください。また、文書中の図はこちらからダウンロードしてください。完成したファイルは、kadai3.docx という名前で保存してください。

ヒント:
  • ファイルの容量調査
    • ファイルのアイコンの上で右ボタンクリック→プロパティを選択してポップアップウィンドウで確認
  (以下Office 2013, 2010の場合。太字はタブやサブメニューの指定部)
  • タイトルの文字大きさ変更
    • 文字の大きさを変えたい領域をドラッグで指 定。
    • ホーム→フォント→上段左側2番目の数字を 変更(デフォルトでは10.5)。
  • 中央ぞろえ
    • 中央ぞろえしたい領域をドラッグで指定
    • ホーム→段落→下段左から2番目のアイコン (マウスカーソルを置くと中央揃えと表示)をクリック。
  • 数式を入力
    • 挿入→数式を選択。
    • 表示されたアイコンから数式記号を選択 しながら入力 。
    • (もしくは 挿入→オブジェクト→Microsoft数式3.0)
  • 絵の挿入
    • 挿入→図
      • →挿入したい画像ファイルを選択する。
    • 挿入されたら画像の中央をドラッグして適当な位置に移動する。
    • 4隅をドラッグするとサイズ変更もできる。
  • 赤い丸の挿入
    • 挿入→”図形”→円形のアイコンを選ぶ
      • 色変更等は上部のツールバー(図形のスタイル、塗りつぶし、枠線など)で行う。
  • 表の挿入
    • 挿入→表
    • 必要な行列のサイズを選び、表が表示されたら、文字や数字を入力する。
  • 下付き、上付き文字の入力
    • A1(A1)のように入力したい文字をA1と平に入力した後、 上(下)付きにしたい部分(1)をドラッグして(灰色にして)、ホームのフォントの下段5つ目、または6つ目のアイコンをクリックする。(マウスを上に おくと、上付き、下付きなど、機能が表示される)。
    • (他の方法)右ボタンをクリック、フォントを選んで、ポップアップウィンドウで指定してもよい。
  • ページ番号の挿入
    • 挿入→ヘッダとフッタ→ページ番号→ページ の下部をクリックして、ポップアップリストから適当なものを選んでください。


同様の練習問題が、教科書(情報リテラシー第5章に有ります。こちらも参考にしてください)