豊永研のご紹介


ホームページへ

求める学生


プログラミング技術を磨き,情報科学研究の先端研究に触れたい元気な学生や,本学大学院への進学希望の学生を特に歓迎します.最新論文を輪講,研 究指導,基本的プログラミング指導,発表指導を通して,電子情報通信(IT)で活躍する人材育成を目指します.

教育方針


新聞記事,専門雑誌,技術論文の輪講により社会〜研究までの位置づけを学びます.
  • 学会発表(電気系学会四国支部連合大会)にチャレンジしてもらいます.
  • センサーシステム,ソフトウェアシステム,設計支援(CAD)システム,組み合わせ最適化法などへと展開させます.
  • 最新研究テーマ


  • 最適化手法(Simulated-Annealingなどの改良研究).
  • VLSI物理設計,レイアウト自動設計(自動配置,配線).
  • センサーみまもり,ヒューマンインタフェース.
  • ロボットやPICマイコンの応用プログラミング.
  • 連絡先


  • 教官研究室 308号室

  • web http://www.is.kochi-u.ac.jp/~toyonaga
    ゼミスケジュール/研究テーマ(2017.3.28更新)
    2007年度関連学会情報
    ゼミ資料

    クロストーク回避配置

    CrostalkFree P&R

    何万素子もの配置で特定信号の制御をする再配置技術です

    クロストーク回避配線

    CrostalkFree P&R

    何万素子の配線で特定信号の制御をする多層再配線技術です

    気にしてねット

    kinishite

    高齢者を見守る「気にしてねット」(海IJほくでんと共同開発)に引き続き,非接触センサーによる眠りの見守りにチャレンジしています

    OLANC方言翻訳メール送受信

    OLANC

    高齢者が方言でメール利用できるインタフェースを作りました.標準語や英語でのコミュケーションへも拡張できます.

    Watermarking Router

    Watermarking Router

    配置配線後に配線形状をわずかに変化させて情報を埋め込む設計データ不正利用を防止「すかし」技術です

    手旗信号ロボット

    OLANC

    障害をもつ方との「コミュニケーション」としての手話のように,「視覚」を利用する手旗信号で360度あらゆる方向に伝えるインタフェースの研究をしています.