高知大学 理学部 数理情報科学科 情報科学コース
平成17年度 卒業研究発表会 プログラム

会場: 高知大学 理学部 情報科学棟 1階 (地図
日時:2006年2月16日(木) 9:25~
第1会場(情報科学第1講義室) / 第2会場(情報科学第2講義室)

発表会終了後、懇親会(追い出しコンパ)があります

修士論文審査会プログラムはこちら

  
■ 第1会場(情報科学第1講義室)午前の部
発 表 者発 表 題 目
開会の辞(9:25-9:30)
森研究室(9:30-10:30)
松尾昌史・石神陽一郎 「キー入力リズムによる追認証について」
牛田吉章・西口修司 「ファジィ制御におけるルックアップテーブルの効率化について」
中込研究室(10:30-12:00)
池田充央 「Javaによる2次元バネ格子振動系のシミュレーション」
岡田芳樹 「Javaによる3Dグラフィックス
 ~ Flat ShadingとRay Tracingの比較 ~」
岡村聖史 「レイトレーシング法による3D物体の表現
 - 分子模型等への応用 -」
小泉拓紀 「Javaによる可動連結物体のシミュレーション」
田村彰一朗 「擬似剛体モデルを使用した重力場内でのコマ運動のJavaシミュレーション」
夕部正勝 「Javaによる Turing Machine の作成
 - 万能 Turing Machine の実現まで -」
■ 第1会場(情報科学第1講義室)午後の部
國信研究室(13:30-14:30)
岡林真弘・廣野弘章・下村一博 「浮動小数点プロセッサの機能設計と論理設計について」
  岡林真弘:浮動小数点プロセッサの概要
  廣野弘章:LSI の設計フロー
  下村一博:機能設計と論理設計
時任一哉 「半導体の MOT について」
本田研究室(14:30-14:45)
櫻井祐輔 「強化学習によるエージェント形成と決定木による評価
 - 追跡問題を例として -」
伊藤研究室(14:45-15:30)
山中志保・北岡里麻 「自律型点ロボットの移動計画」
田中勇士 「Minkowski和を用いたコンフィギュレーション空間障害物の構成法」
閉会の辞(15:30-15:35)


  
■ 第2会場(情報科学第2講義室)午前の部
発 表 者発 表 題 目
開会の辞(9:25-9:30)
豊永研究室(9:30-11:15)
上野将嗣 「サッカーロボットのディフェンスアルゴリズムの考察」
陳尾博幸・松谷千代 「睡眠中の生活活動センシング法の考察」
諏訪英騎 「製造コスト最小を目指す再配線法の評価」
筒井拓郎 「タイル群によるフロアプラン法の評価」
板東修司 「ばらつきを考慮したシミュレーテドアニーリング法の評価」
山本雄輝 「グローバル配線を考慮した配置法の評価」
塩田研究室(11:15-12:00)
木原玲子・美差潮里・山中広明 「暗号技術における数値実験」
■ 第2会場(情報科学第2講義室)午後の部
菊地研究室(13:30-14:45)
酒井 勉 「SPAM(迷惑メール)の実態と対策ツールに関する研究」
佐藤択郎 「リレーショナルデータベースを用いたメール保存書庫の構築」
中橋一真 「ステルス・ゲートウェイによるウィルス対策の実験」
福井健一 「ウェブベース画像処理システムに関する研究」
山本泰希 「オープンソースアンケートシステム SQS の実証実験」
岡本研究室(14:45-15:30)
山口雅之 XMLを用いた授業準備のための教師 支援システム
黒田茉莉 教え合い学習を活性化させる学習 コミュニケーション支援の提案
樫尾憲一 RDFを用いたブックマーク構造の動 的生成メカニズムの提案と実装
閉会の辞(15:30-15:35)


懇親会(追い出しコンパ)のご案内


戻る